毛髪再生治療「HARG療法」夜間も対応!
名古屋市中区「久屋大通駅」すぐの栄セントラルクリニック

発毛専門(病院)名古屋 栄セントラルクリニック
薄毛治療は名古屋HARG療法どっとこむin栄
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEで問い合わせ
  • tel:0120763418
  • tel:0529503900
お知らせ

HOME > お知らせ > 薄毛コラム「プロペシアとミノキシジルを併用する理由」

2018.02.18
薄毛コラム「プロペシアとミノキシジルを併用する理由」

言うまでもなく、「プロペシア」と「ミノキシジル」、この2つの薬はAGA治療において欠かせない薬の代表格です。当クリニックに限らず、AGA治療を行う多くのクリニックでは、おそらく殆どの患者様へこれらの薬を処方しているかと思います。

そして、実際には、「プロペシア」と「ミノキシジル」の両方を使用して経過を見るという事も珍しくありません。忘れがちなこれら2つの薬の役割をおさらいしてみましょう。

まず、プロペシアは「脱毛の原因となる5αリダクターゼを抑制する」という働きがあります。5αリダクターゼは男性ホルモン「テストステロン」と結合することでAGA(男性型脱毛症)の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変換されます。そのため、「脱毛を抑える」という重要な役割を果たすのです。

しかし、脱毛を抑えるだけでは髪は生えてきません。そこで登場するのが「ミノキシジル」です。ミノキシジルは、元は高血圧治療のために作られた薬ですが、その副作用として発毛効果があることが発見されて、AGA治療薬へと転用されています。日本ではリアップという商品名でミノキシジルが含まれた育毛剤が販売されていますね。

簡単にまとめるなら、脱毛を防ぐのが「プロペシア」で、発毛を促すのが「ミノキシジル」と言えるでしょう。
栄セントラルクリニックでは、プロペシアとミノキシジルがバランスよく配合された「αタブレット・リキッド」というお薬があります。
脱毛抑制と発毛促進の両方を併せ持つお薬は珍しいです、男性用、女性用とあり、どこの病院でも手に入るお薬ではありません、ぜひこの機会に試されてはどうでしょうか。

« 一覧へ戻る

ページの先頭へ

名古屋HARG療法どっとこむ ホームHARG療法について当院について発毛症例集よくある質問料金案内(お支払い方法)アクセス方法