「HARG療法」夜間も対応!名古屋の栄セントラルクリニック

発毛専門(病院)名古屋 栄セントラルクリニック
名古屋HARG療法どっとこむ 日本医療毛髪再生研究会

RESERVATION / CONTACT

  • メール予約
  • メール相談
  • LINEでご予約受付中
  • 電話をかける(コールセンター受付時間/10:00〜24:00)
  • 院内直通(18:00〜24:00)
  • tel:0120763418
  • メール予約
  • メール相談
  • LINEでご予約受付中

MENU

*

よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

HARG療法や薄毛のお悩みについて、皆様からよくいただくご質問にお答えいたします。

よくある質問一覧

治療した日にシャンプーしてもいいですか?
基本的には当日はシャンプーは避けて下さい。しかし治療範囲によっては可能な場合がありますので医師に確認して下さい。また、HARG治療後1週間くらいはカラーリング、パーマなどはなるべく避けて下さい。ドライヤーや整髪剤、セットなどは翌日から大丈夫です。
1クール(6回)の治療で効果はどのくらい続くのでしょうか?
一概にどのくらいと断言することが難しいのが実情です。ただし、乱れてしまった毛サイクル(毛周期)をHARG療法によって正常化してしまえば、再度薄毛の要因が発生しない限り、発毛状態は維持できるものと考えられます。
はじめて診察を受けた日の治療はできますか?
はい、もちろん可能です。
診察・カウンセリング〜施術終了まで約1時間程度で終わります。
治療は何回やれば毛が生えてきますか?
1クール6回でフサフサになりますか?
HARG療法で、あっ生えたかも!と思えるのは3回目の施術後から4回目の施術前あたりが多いようです。(月1回の施術にて3ヶ月目から4ヶ月目)※これは目安です。
円形脱毛症においては軽症のものであれば1回の治療のみで自覚症状が改善されたという例もありました、2回目で効果を感じる方、6回施術後1ケ月で効果が出る方もおられます。
自毛植毛をやって数年が経過し、かなり抜けてしまいました。
それでもHARG療法で毛は生えてくるのでしょうか。
植毛を経験された後に薄くなってしまった方のケースでも、HARG療法で発毛した例は多数ございます。HARG療法は毛髪の成長の源である毛母細胞の活性を高めると同時に頭皮の幹細胞を活性化することで頭皮を若い状態に戻す治療法であり、発毛と育毛両方に高い効果を発揮します。
どのくらいの間隔でHARG治療を行えばいいのでしょうか?
通常の施術方法では3週間から1ヶ月おきに1回の注入を、6回1クールとして注入致します。出来れば2ヶ月に一回のフォローをお勧めしております。
仕事帰りでも施術が受けられますか?
はい、当院は深夜12:00まで営業しておりますので、仕事帰りの患者様に大変ご好評いただいております。
円形脱毛症でも治療できますか?
男性型脱毛症(AGA)だけでなくHARG療法は毛髪サイクルを改善させる治療ですから、円形脱毛症や女性の薄毛、その他の脱毛症においても、治療できます。
抜け毛予防の内服薬(主成分「フィナステリド」)でEDになるって本当?
生殖機能に影響はありません。EDとも無関係です。ただし、検査を受けるときなどには必ず内服していることを医師に申し出て下さい。
HARG療法につかう成長因子は安全ですか?
国外(アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国)では数千例が臨床で使用され、国内におきましても2年前から動物実験と臨床テスト300例を行い、安全性を確認し検証しています。当院が所属している日本医療毛髪再生研究会では、HARGカクテル研究所製造ファクトリーを視察し、文献内容に即した安全性を確認しております。また、HARGカクテルはアレルギー起因物質も含まない事が確認されています。
AGA治療を始めようかと検討しています。
HARG療法や内服薬など治療法にかかわらず禁酒・禁煙は必要なのでしょうか。
お体の健康のためでしたら禁酒・禁煙をお勧めいたしますが、AGA治療の効果に関係するかといえば必ずしもそうとは言えません。例えば内服薬による治療の際も生活習慣を大きく変える必要はございません。 たしなむ程度であれば、問題ないと言えます、タバコにつきましては血管を収縮させてしまいますので、なるべく控えるに越したことはございませんが、著しく治療に悪影響を与えるとは言い難いと言えます。
女性にも効果がありますか?
HARG治療は女性の方にも非常に有効ですので、ぜひご相談いただければと思います。女性の方には女性専用の内服薬、外用薬を使用します。
「HARG治療認定施設」
栄セントラルクリニックは、
日本医療毛髪研究会認定施設です。
~医療広告ガイドラインに基づく記載~
HARG療法とは国内未承認薬のAAPEを用いた治療法です。
治療の説明:発毛、薄毛の改善
リスク・副作用:かゆみ、発赤、一時的な抜け毛の増加など。効果には個人差があります。
その他:治療に用いる医薬品及び機器は当院の医師の判断のもと、個人輸入手続きを行ったものです。
当院では、日本医療毛髪研究会(HARG協会)の指定する薬剤入手ルート、治療方法、施術金額などを厳密に守り、安全、適切な治療の提供を心がけています。

ページの先頭へ